refresh なう

夏の読書

お盆休みの間、ほとんどこもっていました。

どこも人出が多いでしょう・・・

そこで読書三昧ということになりました。

たまたま図書館にリクエストしておいた本が、次々に手元に届いたのです。

ラッキーでした

61k0sAYNArL__SL500_.jpg

少し前にこの作家の「みかづき」という本を読みました。

塾をテーマにした、日本の戦後教育の齟齬をテーマにしていると感じました。

それはそれとして、この作家の名前を見たのは、私がまだ同人誌に参加しているころだったと思います。

それから書き続けている意志と努力に敬意を表しました。

短編ですが。それぞれに工夫があり、作品を丁寧に仕上げていると思いました。

一つ一つ書く宝の箱を積んでいるのだと思いました。

517jFdFPk7L__SL500_.jpg
この作家の短編集は初めて読みました。

以前とても長い、登場人物も、場面をたくさんあるものを読んだので、

こんなに読みやすい短編も書くのかと思いました。

ところで「素敵な日本人」というのは、短編のタイトルにはないのです。

この本全部が素敵な日本人ということでしょうか?

タイトルの由来を知りたいと思いました。

51qMEltLlyL__SL500_.jpg

この本が一番面白かった、と見ごたえがあったという感じです。

元素からトースターを作る試みです。

イギリスの若者らしい、日本にもこういう若者は居るかなあ・・・

鉄板は鉄鉱石を掘りに行く。

銅線は、銅を採掘するのは危険が伴うので、銅山の近くのミネラル水を

電気分解で取り出す。

一番手に入れにくかったのがプラスチックというのも皮肉でした。

石油からガスを抽出してプラスチックにするには、原始的な道具だけで作ろうとする作者の意図では

適わなかったのです。

学生時代の理系の授業を思い出してとても楽しかったです。

結局、文明社会がいかに物を安易に作っているか、そのために

地球を傷つけているか気づかされます。

物を持つことが幸せで、そのためにごみが増える。

ちょどテレビで発展途上国のごみ置き場の映像がありました。

文明が発達することが問題を生み出していることにも気づかされました。

素晴らしい若者の著作です。


別窓 | ブログ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

夏休み

秋からの勉強会のために、夏休み中に準備が必要になりました。

いろいろ資料を探し、かなり詳しい資料を見つけることができました。

それで一大決心をして、資料を約400枚プリントアウトしました。

この作業は以前にもしたことがあるので、順調でした。

その解説を聞くために、1日4時間平均で2週間かかりました。

DSC_1318[1]ファイル
一段落してほっとしているところです。

これからもう一度細かい所を読み直して、自分のものにしていきます。

ところでファイルの背表紙をつけようとしました。

テプラを出してみたら、反応しませんでした。

ずいぶん前に購入して、そのときは家の中のものにいっぱいテープを張りました。

薄力粉・強力粉・砂糖・乾物・パン粉

筒には緑茶・中国茶・紅茶・・・

とても丈夫なシールを今でも健在です。

でも最近はチャック付きのパックに入っていて、容器に移し替える手間も省けています。

時代は変わったなあと思いました。

勉強の面ではこれからもファイルは増えていきそうです。

でも5000円以上するテプラを買わなくても、100均からから買ってきたシールに

手書きでもいいのですよね。

つまらないことに悩んでいます。

明日から、読み返しの勉強を始めます。

台風

8月7日に伊那に行きました。

台風が九州をぐるぐるしているときでした。

中止かと確認したら、キャンセルも出たけれど行きますよということでした。

総勢12人、信州伊奈国際ゴルフクラブに到着。

まだ台風は来ていなくて、快適にプレーしました。

フラットな林間コースで気持ちが良かったです。

上がり2ホールは雨が降ってきて雨の嫌いな人は打ちませんでした。

夜は伊那市の居酒屋風のところで盛り上がりました。

翌日は台風が来るからゴルフはだめだろうと、だれもが思っていました。

でも台風はまだ西の方にいたようです。

たいふう2

たいふう5

風を心配したのですが、湿りを飛ばす程度の風で、あまり影響はありませんでした。

とても涼しくて、高原気分でした。

台風で被害にあわれた方がおられるのに・・・。

ちょっと気分的に正確なスコアをつけられず・・・

というか今回一緒だった方たちは、ただゴルフを楽しむようで

スコアもつけていませんでした。

ドライバーを打つ順番も、私が最初になって、それからずっと最初で打っていました。

そしてハーフを過ぎたら、「ご苦労様代わりましょう」と言われました。

なんとも優雅なゴルフで、こういうゴルフの楽しみ方があると教えられた感じがしました。

夜のおしゃべりがとても楽しかったです。

この場限り、ゴルフのつながりのみ、という軽さでしょうか。
別窓 | ブログ | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

マウス・海の見える理髪店

夏休みで、高校生の読書感想文の手伝いを頼まれました。

プリントのリストを見たら、山本有三の「路傍の石」から、分子や原子を扱った、科学書まで

広い分野になっていました。

その中から一番無難な「マウス」を選びました。

主人公の小学校から、大学までの話です。

最近、西加奈子や宮部みゆきなどの作品で、今の学校をたくさん読んだ気がします。

ほんとに今の子供たちは大変・・・

と思うけれど、私たちのころだっていろいろあったなと改めて思いました。

あとからこの作家が「コンビニ人間」で芥川賞をとったと知りました。

賞を取る前の作品だったということです。

コンビニ人間も、以前読んで、現代の作品なのだなと言う感想でした。

51NeWloRQjL__SL500_.jpg
読み終わって、感想をいろいろおしゃべりして、その後書き上げたようです。

単に一人での作業は退屈だからと、巻き込まれた感じです。

おかげで楽しい読書でした。


51KEsE8snkL__SL500_.jpg

こちらは書評が良かったので読んでみたいと図書館にリクエストしたら、500人待ちでした。

気長に待って、読みました。

表題の作品が一番良かったです。

この作品で、直木賞を取ったと知りました。

それと子どもの虐待の話はいつも読み過ごすことができません。

心の優しい作家という印象を受けました。


女性の作家は強くて、怖い人が多く、男性の作家は、静かで優しい人が多いような気がします。

流行作家は、あまり読んではいないのですが・・・。


ほんとは読書なんてしていられない宿題に追われているのに・・・

生き抜きは必要ですものね(^-^)/

別窓 | ブログ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | refresh なう | NEXT