FC2ブログ

refresh なう

特攻隊出撃を続けた日本軍の体質

51vvB2lQfCL__SL500_.jpg
新聞の書評にあったので読みました。

特攻隊のことは、今までなるべく考えないようにしていました。

単に理不尽だと思えたからです。

でも読んでみて本当に理不尽でした。

それを戦後生まれの人たちが書き始めているところに注目しました。

70年経って、上層部だった人が鬼籍に入ったからかけるようになった・・・
(でも、遺族は残っている)

美化された特攻隊の本や映画ではなく、事実を書いたものを

若い人たちに読んでほしいと思いました。







別窓 | ブログ | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<街はクリスマス | refresh なう | ミシン>>

この記事のコメント

読む勇気が無いです。いつも辛いことから逃げている気がします。
2018-11-30 Fri 16:29 | URL | ひかり #- [内容変更]
タイトルが、難しい!
戦争の話ですか?
今の人は、戦争を知らないから、
確かに、若い人に読んでほしい内容でしょう。
2018-11-30 Fri 20:15 | URL | やま #i5dRPET6 [内容変更]
戦争のことはどの方向から見るかでずいぶん違うのだと思いました。
戦争を知らない人たちが書くことによって、客観性が出ると思います。
伝えるというと、正しく伝わってない気がしていたのは、こういうことだったのだなと思いました。
(客観性の問題です)
2018-12-01 Sat 21:13 | URL | ひかりさんへ #- [内容変更]
特攻隊は悲劇の塊みたいで、みんな不条理に泣くばかりですが、当事者の感情は言い尽くせないようです。
だから若い人が掘り起こすのはとても良いと思います。
そして共感して読めば、広がると思いました。
2018-12-01 Sat 21:18 | URL | やまさんへ #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| refresh なう |