FC2ブログ

refresh なう

重い読書

51lqNobjM0L__SL500_.jpg

浅田次郎は鉄道員を読んで、とても良かったし、平成の泣かせやの異名もあるから

楽しい読書になると思ったら、とんでもなかったです。

69歳の男性が、地下鉄の中で、意識不明になり、病院へ運ばれ、

そのベットの上からの思いがつづられるというものでした。

意識が動いて活躍するのです・・・

今はこういう本が主流なのでしょうか。

また疲れる読書になりました。
別窓 | ブログ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<楽しい読書 | refresh なう | アロマ講習会>>

この記事のコメント

なんか難しい本です!
意識不明になって、病院に運ばれたら、意識が戻ったのですね!
69歳の人がそこから活躍するのもすごい!
2018-07-09 Mon 22:00 | URL | やま #i5dRPET6 [内容変更]
いいえ意識は戻らないのですが、
別の意識が、昔の人に会いに行ったり、
今の周りの人を眺めたりしてるのです。
2018-07-12 Thu 20:36 | URL | peace #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| refresh なう |