refresh なう

マウス・海の見える理髪店

夏休みで、高校生の読書感想文の手伝いを頼まれました。

プリントのリストを見たら、山本有三の「路傍の石」から、分子や原子を扱った、科学書まで

広い分野になっていました。

その中から一番無難な「マウス」を選びました。

主人公の小学校から、大学までの話です。

最近、西加奈子や宮部みゆきなどの作品で、今の学校をたくさん読んだ気がします。

ほんとに今の子供たちは大変・・・

と思うけれど、私たちのころだっていろいろあったなと改めて思いました。

あとからこの作家が「コンビニ人間」で芥川賞をとったと知りました。

賞を取る前の作品だったということです。

コンビニ人間も、以前読んで、現代の作品なのだなと言う感想でした。

51NeWloRQjL__SL500_.jpg
読み終わって、感想をいろいろおしゃべりして、その後書き上げたようです。

単に一人での作業は退屈だからと、巻き込まれた感じです。

おかげで楽しい読書でした。


51KEsE8snkL__SL500_.jpg

こちらは書評が良かったので読んでみたいと図書館にリクエストしたら、500人待ちでした。

気長に待って、読みました。

表題の作品が一番良かったです。

この作品で、直木賞を取ったと知りました。

それと子どもの虐待の話はいつも読み過ごすことができません。

心の優しい作家という印象を受けました。


女性の作家は強くて、怖い人が多く、男性の作家は、静かで優しい人が多いような気がします。

流行作家は、あまり読んではいないのですが・・・。


ほんとは読書なんてしていられない宿題に追われているのに・・・

生き抜きは必要ですものね(^-^)/

別窓 | ブログ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<夏休み | refresh なう | 土用>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| refresh なう |